貯金を100万円貯めると人生が変わる。これはマジ。

俺がネットで調べた限りではこの国日本では貯金100万円以下の世帯が50%以上あるようだ。

日本人というのは貯金が下手糞な民族なんだなと思う。

そこで、大学時代に貯金を100万円貯めることに成功し、私ブロウが誠に僭越ながら貯金が100万円あれば人生が変わるということを貯金が無い皆に教えてあげるぞ。

貯金が100万円というのは一時的に働かなくても良い額ということだ。

仕事を辞めるのも良し、続けて貯金するのも良しだが、俺は貯金を100万円貯めるのに5年掛かった。

結構、時間が掛かるんだよな100万円貯めるのって。

何故かというと、ある程度我慢するという免疫がその人に備わっていないため。

人間というのは我慢はできるだけしたくない生き物でどうしてもつい、快楽に溺れてしまう。

そう、その快楽を覚えることを辞めるか減らすことで我慢強くなっていき、貯金もできるようになっていくということだ。

貯金を100万円貯めることができるのは日本人全体の約半分。

つまり、100万円貯めることによってあなたはある程度我慢ができる人間になっているということだ。

できれば若いうちが良い。

そうだな、30歳までには100万円貯めることに成功しているとこれからのあなたの将来は明るいだろう。

俺は24歳で作業所という最底辺労働だからお先真っ暗というパターンもあるが。

普通に働いていて支出を把握していればできるはずなんだよ貯金100万円というのは。

あとは、貯金を100万円貯めると人生が変わるのは貯金があればあるほど自分の視野が広くなるため。

それは何故かというと、例えばゲームソフトで考えてみようか。

小学生の男だったら大半は皆ゲームするよな?

でも毎月の小遣いなんて500円から1000円ぐらいだろう。

ゲームソフトの値段って1つ5000円ぐらいは普通にするよな?

小学生の頃どうだった?

俺はポケモンのダイヤモンドは親に小遣いを前借りしてゲームショップに行ったものだ。

その時ってゲームソフトが欲しくて欲しくてそれしか考えていなかっただろう?

でも俺は大学生になってバイトをして100万円貯めた。

するとどうだ?

そのゲームが仮に今でも欲しいかもしれないが他にももっと色んなものが買えるし、貯金もできるしこの時期から俺は投資に手を出そうかなと考えていたぐらいだ。

始めたのはつい最近だけど。

つまり、そういうこと。

貯金があればあるほど視野が広くなるというのはそういうこと。

将来に対して考えられるようになるし挑戦もしやすくなる。

俺はだから、前にも書いたが今も今後も言い続ける。

「バイト、就職し始めたときから貯金をしろ。」と。

Follow me!