20代で貯金100万円以上ある奴の特徴。俺を含めた経験談。

俺は20代で貯金が250万以上ある。

この額を貯めるのに6年以上掛かった。

ここまで無くても20代で貯金が100万ある人の人生は明るいだろう。

20代の貯金額の中央値は100万を超えたデータはネット上では見たことが無い。

平均値というものは当てにならなくて平均値というのは上位の富裕層が平均値を上げてしまっているため、貯金額というのは中央値の方が断然現実味がある。

20代で貯金が100万以上ある奴の特徴を俺を含めた目線で俺の独断と偏見に一部はなるが、「貯金を100万貯めたい!!」という奴はこれらの特徴や日々の生活を見直し、実践してみてくれ。

まずは、酒、タバコ、ギャンブル、スマホゲームに課金していない奴。

これは、前の記事でも俺は全部無駄と書いたよな。

健康被害も大きいし、何より時間を大きく無駄にしている。

これらに関心が無い奴は自然と金が貯まっている。

何故なら浪費という名の無駄金を使わないからだ。

これらを20代のうちに辞めれば健康寿命も伸びる確率は高いし、金も自然と貯まる。

次に車を持っていない奴。

20代で恐らく1番大きな買い物をすると言えば自動車だ。

車なんて運転免許を持っていない俺からすると、こんなものはただの負債だと思っている。

だって、自動車税やガソリン代や車検などと金食い虫だ。

車を持っていない奴は恐らく車にかかる出費が無いため金を持っている奴は多いだろうな。

その次に実家暮らしをしている奴。

子供部屋おじさんとか馬鹿にされる実家暮らしの人間というか収入が安定しない、低収入の20代っていうのは無理して1人暮らしする必要性は全く無いと思っている。

「1人暮らしが偉い。」などという風潮を作ったのはマスコミと不動産会社であり、一種のステマだ。

世間体や世の中の風潮に惑わされてはいけない。

自分の人生は自分のためにあるのだから、堂々と親がいなくなるまで子供部屋おじさんをすれば良いと思っている。

後これは、俺も当てはまる特徴だが、意外と仕事ができない奴。

仕事ができない奴ってなんかこう、俺の経験上、あんまりギャンブルとか異性に対してガツガツしている奴は見たことが無いんだよな。

常に守りに入っている状態というか、嫌なことがあればすぐに弱音を吐く奴に限って金銭的な力は持っていることが多い。

何でかは知らないが、恐らく自分は社会的弱者であることを自覚していて、周りから仕事ができない奴だと馬鹿にされていつ自分が仕事をクビになるか分からないから本能的にその人の防衛本能が貯金に走っているのだろう。

俺は仕事ができない奴=貯金ができる奴なんじゃないかという法則性もあると考えている。

後は格安SIMを使っている奴だな。

俺は格安SIMを使い始めて4年以上経つが、俺はこいつのお陰で周りの大学生との間で毎月の出費に差を付けていた。

毎月必死に働いた金が携帯代だけで1万、2万取られるのに馬鹿馬鹿しいと感じていたからな。

俺はガラケーから格安SIMにするとき即座に三大キャリアをやめた。

俺は貯金200万以上という名の基礎体力は身に付けたのでそろそろ投資をしてみようと思っている。

何に投資するかはもう何度も書いているので敢えて書かない。

貯金100万を貯めたときは俺も舞い上がったがまだまだ調子に乗らずに一旦落ち着いて貯金をし続けた。

そして、貯金200万はあっという間だった。

俺の経験上、貯金100万ではまだ調子には乗らない方が良いと思うよ。

株などの投資より、自己投資や金利の高いネットバンクに貯金しておいた方が断然良いと思う。

Follow me!