貯金が100万円あって子供部屋おじさんなら1年間はプチセミリタイアが可能。俺が思う真の勝ち組とは?

俺は貯金250万円以上で1年間プチセミリタイアをする予定だ。

また働く予定だが、プチセミリタイアを1年間するのに一体何万円あれば良いのか?と聞かれると環境や支出にもよるが、毎月最近は2万円を切り、子供部屋おじさんで平均、毎月5万円程度の支出である俺は貯金100万円以上あれば1年間は十分セミリタイアは可能だと考えている。

月に5万使ったとしても12ヶ月で60万しか使わない。

つまり、40万は手元に残る計算だ。

要するに貯金ができていて収入ー支出=貯金という公式が成り立つ人であればあるほど更にもっと長い期間セミリタイアができる。

俺のように最近の支出が毎月2万円程度で平均すると5万円程度で250万以上貯金がある俺からするともっと長い期間セミリタイアが可能になる。

何をすれば良いかはまだセミリタイアというのが今回が初めてなので、一回社会から離れることなった経験が無いので具体的には分からないがまずは体を休めれば良いと思う。

貯金100万あれば人生が変わると過去に書いたが、この金額は一旦仕事を辞められる額でもあるのだ。

俺は労働なんてさっさと辞めてしまえば良いと何度も書いてきたが、環境が整っているなら楽に生きれば良いと思う。

俺は始めてニートになるから失業保険が入ってくるのか分からないが、ある人が言うにはきちんと入ってくるらしい。

そして、俺はADHD+統合失調症で障害年金も貰っているのでぶっちゃけ働いていた時よりもストレスを溜めずに支出が減って、失業保険+障害年金を貰った方が支出が減るだろうと予想している。

俺は貯金が250万以上あって、次の給料か次の次の給料で特に大きなけがや病気などで大きな出費が無ければ貯金300万を超える。

25歳で貯金300万あって、収入-支出=貯金という公式をきちんと守って子供部屋おじさんならプチセミリタイアどころか2、3年ぐらいセミリタイアは十分可能だろう。

泥水啜って生きてやると言う奴がいるが、逆に俺はどうすれば甘い汁をできるだけ啜って生きれるか?という考えがある。

この資本主義の世界で真の勝ち組というのは労働を一時的にでも辞めれた人間のことを差すと俺は思っている。

貯金があると自分の視野も広くなっていくしな。

特に貯金200万円を超えた辺りから誰と付き合えば得するかとか、こいつといたら損するな、プラスにならんなという損得で物事を判断できる力が俺には段々ついてきた。

結果、今の俺には損する人間でしか職場は構成されていないと判断したので仕事の休憩時間はずっと1人で行動している。

貯金100万の壁を超えると心の余裕ができ、貯金200万の壁を超えると自分にとってプラスになる人間と行動がしやすくなる。

貯金100万、200万というのはそれぐらいの効果がある。

しかし、貯金が無い奴、若いうちから資産形成ができなかった奴は見ていて滑稽だぞ?

まだ俺は25歳のクソガキだが、10歳、20歳年上でも所詮、1つの職場という狭いコミュニティでしか通用しない人間ばかりだ。

他所では通用しない人間ばかり。

そして、無駄な出費が多いと金が無い金が無いと言って労働という名の奴隷行動を続け、自分の立ち位置を必死に確立するために経営者の犬と化す。

所詮同じ労働者の分際でああいう人間は見ていて滑稽だ。

こういうのが分かるのが貯金100万や貯金200万の壁だ。

見ていて可哀想だなと思う。

俺は18歳のバイトし始めたときからコツコツと貯金をしてきた。

資産形成の基礎は貯金であり、若いうちからそれができなかった奴は30、40、50にもなっても「まだそんな目の前のことに必死なの?」と正直言って見下している。

ブスの癖におしゃれに気を遣ったり、有り金を全てスマホゲームに課金やパチンコに行ったりして、「30歳超えて一体何に使えば金が無い金が無いと逆に言えるんだ?」とそいつに聞きたい。

やはり、お金や人間関係などコツコツと築き上げれ無かった人間は見ていて無様だ。

話を戻して、セミリタイアというのは1年間でもしてみたいなら貯金100万でも環境さえ整っていれば可能ということ。

労働ほど無駄な行動は無いからな。

できるだけ早くに辞めれた人間こそ真の勝ち組なのだ。

もう、親の期待とか上司の目が気になるだけに働いているならさっさと仕事なんて辞めて良いぞ。

自分の人生は自分を持たないとやってられないよ。

俺は俺なんだと。

見栄を捨て、恥を捨て、己が底辺であることに気が付いて行動を起こした者のみに明日がやってくると俺は思っている。

だから、他人の目線なんて気にしなくていい。

貯金100万円を貯めて仕事を辞めたいのであれば何歳でも堂々と仕事を辞めれば良い。

最後は生活保護という制度もあるんだし。

俺は過去に貯金≦自由な時間という公式をこのブログなどで書いたことがあるが、時は金なりとはよく言ったものでこの言葉の真意はセミリタイアをするためじゃないかと考えている。

時間が無限にある人間こそ真の勝ち組なのだ。

Follow me!