25歳でセミリタイアという名のニート生活をして、3日間で飽きた話。

俺の将来の夢はセミリタイアだ。

若いうちにセミリタイアをしたいと思い、仕事を辞めても収入が入ってくる態勢を整え、25歳で貯金300万を元手にセミリタイア生活を開始した。

しかし、ニート生活を3日間ぐらいして思ったことがある。

暇すぎる。

俺は何故、仕事を辞めたかと言うと、俺は作業所で働く最底辺労働者だが、作業所の職員と馬が合わなかった。

仕事内容に不満があったわけでは無い。

周りの利用者や職員に不満があったのだ。

今は有給消化中で後は完全に退職後、離職票が届くのを待つだけになったが、この生活に3日間で飽きてしまった。

俺、やっぱりニート生活向いていないわ。

まあ、俺は仕事を辞めても収入が入ってくる態勢を整えたが、もっと働きたいというか投資をするために種銭を稼がねばと思った。

別に今の職場に不満だらけだったので今の職場を辞めて後悔はしていない。

ストレスが溜まりすぎて精神崩壊してしまいそうだったから。

うちの作業所では利用者も職員も作業中にベラベラと喋り、誰かの陰口を言ったり、言いがかりをつけられることが日常茶飯事だった。

統合失調症を持つ俺には幻聴で悪口で聴こえるのか実際に聴こえるのか区別がつかず、それが耐えられずに辞めた。

もうとにかくうるさい職場だった。

利用者がベラベラ喋るのは百歩譲ってそれでもいい。

しかし、職員が一緒になって指導もせずゴチャゴチャ喋るというのはどういうことだと。

遅刻してきても平気でその後の作業中も職員と仲良くベラベラ喋る利用者や女性の前で下ネタのマシンガントークをして、皆が嫌がっていているのにそれを絶対にやめない利用者。

一体何故、俺はこんなゴミみたいな職場で働く羽目になったんだと非常に後悔した。

病気だから、障害だからというのは理由にならんぞこんなの。

遅刻してくるのが当たり前で遊びに来ているようなものとか女性の前で下ネタのマシンガントークとか障害がある以前の問題だろ。

こういう奴らとはもう付き合いきれないのもあってこの前まで働いているときは休憩時間は1人で近くの公園まで行って飯を食っていた。

もう精神的に耐えられなかったから俺は辞めた。

やっぱり職場で自分の言いたいことを言いたい放題言って自分だけがすっきりして皆から恨まれる、嫌われる奴って俺は無理だわ。

辞めて正解だった。

しかし、辞めたのは良いんだが、できるだけ早く次の作業所を見つけねばと思った。

次の職場ではある程度静かで淡々と作業ができ、職員がきちんと指導してくれる職場が良いな。

俺はバイトしていた時期に体を壊して同時期にいじめられて精神崩壊し、統合失調症になったことがあるんだが、そのストレス発散をどうすればできるかと考えた結果、体に悪い食べ物や飲み物を摂取してストレス発散をしていた。

しかし、それが原因でこの前の血液検査で尿酸値が非常に高く、痛風になりかけていた。

このままだと、精神的にか肉体的、いや、両方で体を壊して社会復帰に時間が掛かることを恐れて退職してストレスフリーになったことで辞めたことに自分の選択は間違っていなかったと思っている。

しかし、話を戻して、ニート生活3日間続けてもう飽きてしまった。

やはり、まだまだ俺は働かないと駄目だなと思った。

離職票が届き次第、また別の作業所を探そうと思う。

もしかしたら自分にとって条件の良い職業訓練校があればそっちに行こうと思うが。

貯金300万のパワーは凄いがまだたったの300万だ。

これからも節約、貯金そして、積立投資を実行していく。

Follow me!