20代で貯金300万のニートの子供部屋おじさんが語る!!セミリタイアは暇だから辞めとけ。

俺の将来の夢はセミリタイアをすることだった。

しかし、ニートという名のセミリタイア生活を数日間続けた結果、暇すぎることに気が付いた。

正直言ってセミリタイアはつまらない。

貯金300万で子供部屋おじさんならセミリタイア余裕だろうと思っていたが、まだまだセミリタイアできる金額では無いというのもあるが、それよりも暇すぎる。

20代でセミリタイアは早すぎたというかもっと種銭を稼がねばというのもあるが、どっちかというとニート生活自体、俺には向いていないということが分かった。

精神的、肉体的に体がもう限界を来ていたので今の職場を辞めて正解だったが、今思えばただ単に今の職場の労働環境が酷くて嫌で辞めたかったこと、つまり、働きたくないから仕事を辞めたことでは無いということだ。

俺はまだまだ働かねばと思った。

セミリタイアというのはやっぱり、数千万以上あって、金銭的に余裕があるのは勿論のこと、仕事以外で何か趣味に没頭できる人しか向いていないと気づいた。

俺は熱中できることがほとんど何も無い。

やはり、一生懸命に働き、種銭を稼いで投資に回していくというスタイルをあと20年、30年と常に続けないと駄目だなと思った。

今25歳だが、離職票が届き次第、次の職場を探すか職業訓練校に行こうと思っている。

俺自身、セミリタイアというのはきちんと不労所得という名の収入があって、ゲームや漫画などに没頭できる趣味を持っている人にしか向いていないと感じた。

やはり、貯金300万ではセミリタイアは無理というか心に余裕があまりない。

子供部屋おじさんでストレスフリーになったから支出を減らしていけば収入ー支出=貯金という公式は常にいつも成立しているが、貯金300万ではやはり、セミリタイアは無理だ。

まあ、セミリタイアをしたかったのもあるが、やはり、今の職場の環境が悪すぎたので辞めて正解だったが、次の職場ではもう少しストレスと向き合いながら体のバランスを整えて精神的、肉体的に自分自身が強くならねばと思った。

できるだけ早く次の職場を見つけないといけないなと思っているが、まだ離職票が届いていない。

俺は貯金300万で調子に乗ってしまったと後悔まではしていないが、まだまだ自分は何もできない雑魚なんだと自覚した。

次は貯金350万の壁を超えることを目指しているが、これも早く次の職場を見つけない限りその壁を突破することはできない。

作業所で働いてきたが、俺は正社員になれる自信が無い。

何故なら社会的ステータスが高くなれば生活レベルも上がり、支出が増えるからだ。

俺は精々頑張ってもフリーター止まりで良いし、多分俺の頭の悪さでは正社員にはなれない。

年収1000万でも貯金が100万を切る世帯は一定数いるらしい。

本当、高学歴、高収入=勝ち組というのは半分は本当で残り半分は嘘で、年収が上がってしまうと見栄を張り、調子に乗って、タワーマンションに住んだり、マイホームを建てたり、高級車に乗り、子供3人を私立の学校に行かせるなどしてしまうからな。

俺だっていつかは奴隷労働を辞めたいと思っている。

そのためには節約、貯金に励み、余剰資金で投資に回していくしかない。

だが、俺はまだまだ20代で体力も老人よりあるはずだからもっと働かねばと思った。

やっぱり体が健康である限り働かないと駄目だな。

その中でどれだけ健康的にストレスを発散できるかどうかが俺の今後の課題になりそうだ。

やはり、働きながら投資をしないと駄目だな。

セミリタイアはお金が数千万以上あって何か趣味に没頭できる人以外やったら駄目だわ。

貯金300万で子供部屋おじさんならセミリタイアは一応可能ではあるが、これと言って趣味が無いため、無駄に時間を過ごすことになる。

さて、次の作業所を探すか…。

Follow me!